走る

おはようございます!

皆さん、仕事が始まり、徐々に普通の感覚に戻ってきていると思います。休みが長かった人は、慣れるまで変な違和感が続いて仕事がふわふわした状態なってしまいますね。何度も繰り返しやっているのに最初は感覚を取り戻す作業から始まります。

身体にも同じことが言えて、しばらく身体を使っていないとすぐに反応できなかったり、関節の動きが悪く力にばかり頼ってしまい痛みや疲れが出やすくなります。

繰り返しの動作として走るという動き。毎年、お正月恒例の箱根駅伝。この日のために大学生は、一年間必死に練習を重ね、本番に向かいます。しかし、緊張からかいつもの動きが出来なかったり、ここぞという時に力んでしまい本来の能力を発揮できないままゴールということもあります。

頭と身体が一致しないと動きは、バラバラになってしまい動けなくなります。練習での動きの意識をどうやってコントロールするかで本番での動きや結果は変わってくるのではないでしょうか。そういったことを行うと本番ではスムーズにできるでしょう。

繰り返しの作業は必ず感覚として残っています。

日々の生活でも意識して行動すると案外、痛みや疲れが出にくい身体に近づけると思います。

西荻窪 あおなみ接骨院