腰痛の原因

おはようございます!

昨日は節分でしたが、豆まきはしましたか?恵方巻きは食べましたか?皆さん、思い思いにやられたと思います。自分も豆まきはしませんでしたが、豆と恵方巻きを少々食べました。いちを南南東を向きながら。最初に考えた人は、なぜこの方角だったんでしょうかね。不思議ですね~。

暦の上では、今日は立春なのですが、春はまったく感じず冬真っ最中といった感じです。肩こりや腰痛などの疾患の患者さんも多く来られています。

腰痛の原因は、繰り返し同じ動作をすることにより筋疲労がたまって痛みが出てくることや、寒さで腰周辺の関節が固まってしまい少しの動作で痛みを感じやすくなっています。

それが酷くなると骨盤がゆがんで安静にしていても痛く、重い物を持った際にぎっくり腰になってしまいます。

そうなる前に腰が疲れているなと感じたら、マッサージなどでケアするのはもちろんですがご自身が普段どのような動きをしているか確かめてみるのも予防の1つです。

気がついたらこんな動きをしていた、と気づいたら逆の動きをして見ましょう。例えば腰を曲げてばかりいたとします。逆に反る動き体操などをしてみましょう。お腹をつきだして痛みのない範囲で反る動きです。

これがすべてではありませんが予防へと繋がります。少しづつやりましょうね。

西荻窪 あおなみ接骨院