痛みとの関係

おはようございます!

今日は、朝は一段と寒さが増しましたね。自転車だと手袋が必要なくらいな冷え込みでした。

段々、冬に近づいていますね。

体調も崩さないように気をつけましょう。

寒くなると体も硬くなりやすく、関節の動きも狭まり、いつも出来ていた動きが思うように出来ず、怪我をしてしまうことがあります。

柔軟性はもちろんキープしてほしいですが、仕事や家事で自分の体にケアする時間がとれないなどを理由に、体操やストレッチをしていない方が多くいます。

忙しくても5・10分ぐらいはとれると思いますので、それだけでも効果は出て、体にいい影響を与え、仕事や家事もしやすくなります。

体があって、動かせて、その上で仕事や家事ができるので自分の体と密接な関係にならないといけません。

何もしていなくて痛みが治ったりするわけではないですし、ましては寝るだけで大丈夫なのもダメです。

ご自身の体をわかった上で行動するようにしましょう。

意識して関節が動くか確認しながら生活し、定期的に体をみてもらうことも大切です。

自分では気づかなかったことも発見できるので、またさらに体のいい状態に近づけるでしょう。

無理しない程度で体を動かし続けることを意識して、生活してみてください。

きっと自分の体が生まれ変わるはずです。

諦めず、そのままにしないで習慣になってくれば、体は喜び、動かすと気持ちのいい感覚が身についてじっとしていられないかもしれませんね。

今からでも遅くありませんから、続けらる範囲で少しづつ行いましょう。

西荻窪 三鷹台 久我山 あおなみ接骨院