痛くなる傾向

おはようございます!

今日はなんだかムシムシしますね~。湿度があり気温も高めです。

梅雨らしい天気といえばそうですが、やっぱりジメジメはイヤですよね。

そういう気候や陽気のせいもあるかもしれませんが、関節を痛める方が増えています。

普段、何気ない動作で腰を痛めたり、肩を上げたときにひねってしまったり、階段を昇るときに膝が痛くなったり。

ちょっとした動作で痛めていることが多くあります。

特に重たい物を持ち上げるわけでもなく、腕を無理に伸ばすわけでもなく、急なところを駆け上がるわけでもなく、普通のことで痛めているケースが高いです。

これらは、体を普段から使いすぎているか、まったく動かしていなくて、動かそうとした際に一気に普段よりも負荷がかかり痛みが表に表れます。

痛めてしまったら仕方ないですが、痛くないから問題がないわけではありません。

痛める前の段階に原因が潜んでいます。

体を酷使し続けて筋肉や関節が悲鳴を上げていたと思われます。実際に鳴くことはないですが、症状として体が重いやだるい、疲れが取れていない、眠れてない、食事がまともに取れていない、そんな症状が出ているはずです。

何かしら当てはまることがあれば、それはもう限界ですよ、休んでくださいね、というサインです。

普段の生活を見直して、体をメンテナンスして、またリフレッシュした状態で動けばいいと思います。

何度もいいますが、痛める方が多いので気をつけて行動してくださいね。

立ち止まることも大切ですから。

西荻窪 三鷹台 久我山 あおなみ接骨院