体がだるい方が増えています

おはようございます!

6月となり暑さも段々、厳しくなる季節となりました。

今日は30℃近くまで上がるみたいですね。

これからは湿気も多くなり、ジメジメして体が不快に感じることが増えるでしょう。

湿気とともに体にも変化の出やすい時期でもあります。

体が重い、だるい、疲れやすい、寝ても中々疲れが取れない、などの症状が出てくると思います。

最近、患者さんの傾向もそういう方が増えています。

気温の寒暖差で体がついてこれない、暑いからクーラーをつけている時間が長くなるため重だるくなる、いつもより体力の消耗が激しかったり、などなど。

要は、体にかかる負担が日常生活で自然と増えているということです。

特に何もしないで、そのままでいると負荷が大きくなり、筋肉や関節に痛みや疲れがでてくるのです。

この状態が長く続くと、肩こり、腰痛、膝痛、頭痛、ひどい人だと四十・五十肩、ぎっくり腰、膝の炎症、寝違えなどを引き起こしてきます。

だるいと感じたら、なるべく休みをとり、体のメンテナンスしましょう。

体が限界にきてますよ、というサインです。

車で言えばエンプティーランプ、ウルトラマンで言えばカラータイマー、でしょうかね。

携帯電話だってずっと使い続けることはできず、充電します。

体はしっかり休め、傷んだ部分を整えて、栄養補給して力を蓄えましょう。

今から癖づけておくと、真夏も対応できると思います。

夏はこれからなので準備と予防を心がけるようにしてくださいね。

西荻窪 三鷹台 久我山 あおなみ接骨院