ロコモ

おはようございます!

ちょっと肌寒い天気が続いていますが、体調など崩していませんでしょうか。

今日明日は、あまり天気がよろしくないみたいですね。

雨もちらつくとか予報では言ってますね。

さて、最近、若い女性にロコモ症候群が急増してるらしいです。

ロコモとは、ロコモティブ・シンドロームの略で運動器症候群です。

座る、立つ、歩く、などの日常生活動作ができなくなってしまう状態です。

すぐ疲れやすかったり、転びやすくなったり、立ち上がるがつらい、物などを持つと疲れる、といった状態がたた見られるかと思います。

原因は、運動不足や偏った食事、睡眠時間の乱れなどで、筋力低下、バランス低下、筋肉や関節の病気、などが上げられるでしょう。

大人になると運動する機会も減り、仕事に追われて簡単な食事で済ましてり、睡眠不足で疲れやすい、どうしても普段の行動も楽な方へ流れされやすくなります。

やはり定期的に体を動かす習慣をつけて、関節や筋肉に程度な刺激いれて、運動で血流も良くなり夜も眠りやすく疲れも抜けやすい状態になります。

今は若いからまだ大丈夫と思っていても、50・60代になった時には大変苦しい思いをすると思われます。

30代からバランス低下が徐々に始まってきます。

衰えは誰でも訪れますが、早いうちから自分で運動する習慣や食生活を意識して行っていれば老化のスピードは抑制できると自分は信じております。

実際に自分もここ5・6年の間で意識して心がけるように生活していたら、体が変わっていくのがよくわかりました。

50・60代の人だからといって、もう遅いからやってもしょうがないと思わないようにしてください。

今からでも体は変化していきますし、今後の関節や筋肉の衰えを抑制できますし、年齢からして内蔵なども心配になると思いますが、その働きにも効果がでてくると思います。

まずは、それぞれの環境のなかで1つでもいいので日常生活を変えていくことが大事です。

変えない限り、衰えていく一方なので続けられることから始めてみてくださいね。

全然、遅くはありませんから今の内から習慣にしてきましょう。

西荻窪 三鷹台 久我山 あおなみ接骨院