ストレッチの負荷の与え方

おはようございます!

今日は、すっきりしたお天気となり晴れて暑いですね。やっぱり晴れてるのが一番ですね~。

急に気温が上昇しているので熱中症に気をつけましょう。

昨日は、イチロー選手が大記録を達成して未知の領域に突入しました。毎日、コツコツ努力を重ね積み上げた記録です。

非公式ではありますが、すばらしい記録おめでとうございます!

ウォーミングアップ、試合中、試合後のケア、と常にイチロー選手は体を動かしてストレッチをしています。

アスリートですから体が基本なので当たり前なのですが、毎日かかさずストレッチして怪我などもほぼなくここまでプレーしているのは凄いの一言です。

まさに努力の天才です。

皆さんも体が疲れてくるとマッサージや体操・ストレッチをしたりすると思います。

体を伸ばすと硬くなった筋肉がゆるみ、血行が良くなり、関節の動きも広がり、疲れが抜けやすくなります。

しかし、間違ったやり方では逆効果になってしまいます。

伸ばしたい筋肉をとらえていなく伸びていない、ギューギュー力いっぱい伸ばしている、楽なところばかり伸ばしている。

これらはかえってまったく伸びていないですし、力が入っていると筋肉は収縮されて硬くなり、楽なところばかりだと関節の動きが一定の動きしか対応できず同じ動作を繰り返します。

伸ばしたい筋肉をちゃんと決めること、力の入れ方は伸びているなと感じる気持ちいい程度でゆっくり呼吸ができること、楽なところはおまけ程度に伸ばす。

これさえ気をつけていれば、効果はさらに上がります。

意識して行ってみてください。

西荻窪 三鷹台 久我山 あおなみ接骨院