ゆがみ調整

おはようございます!

1月も残りわずかとなりました。早いですね~。そろそろプロ野球のキャンプがスタートします。野球に限らず、色々なスポーツがキャンプをスタートします。ここでのトレーニングでシーズン最後にいい締めくくりできるか、関わってくると思います。

いつもスポーツの話ばかりしてしまいますが、楽しみでわくわくします。>^_^<

プロの選手はチームの合流の前に、遅れをとらないよう自主トレをします。監督やコーチに動ける身体で調子のいいことをアピールするためでもあります。

一般の方は、なじみは無いかも知れませんが、外出することが本番ととらえるなら、家の中では自主トレと思ってもらえるといいでしょう。外出の前にスムーズに動けなければ、疲れやすく痛みがでてきやすくなります。

そこで骨盤の歪みにスポットをあて、自宅でできる調整を教えます。まずは鏡の前で両手を両脇の腰骨(骨盤)にあててみてください。左右比べてみて高さが違っていたり、ねじれていたりしてませんか?現在の歪みの確認です。

次に床に仰向けで寝ていただいて、そのまま手足の伸びをします。両手両足、右手右足、左手左足、対角線に右手左足、反対もどうように。つま先もしっかり伸ばしてくださいね。

次は足を車のワイパーのように左右に動かして、内側外側に開いたり閉じたりもしてください。

今度は膝を立てて左右にねじってみてください。何回かしたら、膝を真ん中に戻し、お尻を少し浮かせて右膝を反対の膝に向けて折りたたんでください。右膝を左のつま先に向かってつきだすようにやるといいでしょう。反対も同様です。

全体的に無理の無い程度で2・3回行って、また鏡の前で確認してみてください。変わってきているはずです。

ゆがんだまま、活動すると筋肉に負担がかかりやすく痛みがでできて、結果、肩こりや腰痛に繋がってきます。

出来る限りでいいので行ってみてください。痛みの少ない身体にしていきましょう。

西荻窪 あおなみ接骨院